Category Archives: ほけんだより

  • 0

ほけんだより 2月

2月のほけんだより

厳しい寒さの中でも、元気いっぱいな子どもたち。でも、低温・低湿の冬は、かぜウイルスが大好きな季節です。かぜを寄せつけないじょうぶな体作り、環境作りに気を配り、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

 

「かぜ」は油断大敵

鼻やのどにウイルスや細菌が感染し、炎症を起こすものの総称を「かぜ症候群」といいます。軽く済むことも多いのですが、油断をすると悪化して、中耳炎、肺炎、気管支炎など、さまざまな病気を併発することもあります。
ちょっと体調が悪そうなときは、無理をせず安静を心がけ、長引かせないようにしましょう。日ごろから、規則正しい生活を送ることもたいせつです。

 

おねしょ心配しすぎないで

子どもは膀胱(ぼうこう)が小さいうえに、尿量を調節する「抗利尿ホルモン」の分泌が不安定です。そのため夜間、無意識のうちに膀胱に入る以上の量が作られ、あふれてしまうことがあり、これがおねしょです。
7歳くらいまでのおねしょは、あまり心配しなくて、だいじょうぶ。毎晩続くと、洗濯物などたいへんかと思いますが、大人が心配したり、しかったりすることで、子どもにストレスを与えないよう、気をつけましょう。

 

3歳以降の肥満に要注意!

乳幼児期は体重の変動が激しく、しょっちゅう増えたり減ったりしますが、あまり心配はいりません。特に1歳くらいまでの肥満は乳児肥満といって、歩けるようになって運動量が増えると、どんどん体がしまってきます。ただ、心配なのは、3~6歳にかけて太ってきた場合。そのまま肥満につながりやすいので、注意しましょう。

 
□ 食生活の見直しを
スナック菓子やジュース類のとりすぎに注意しましょう。
□ 意識的に体を動かして
肥満気味の子は、体を動かすことを避ける傾向があります。本人の好きなあそびで、楽しく体を動かすようにしていきましょう。

 


  • 0

ほけんだより 10月

10月のほけんだより

スポーツの秋、収穫の秋、食欲の秋……。
園では、運動会、遠足、と楽しい行事がめじろ押しです。子どもの体力もぐんと伸びる時期。
楽しい経験を通して、健康な体をはぐくんでいきましょう。

 

10月10日は目の愛護デー 目をたいせつに

2つの10を横に倒すと、まゆと目の形に見えることから、10月10日は目の愛護デーとされています。乳幼児期は、子どもの目がもっとも育つ時期。この機会に、子どもの「目」の健康をあらためて見直してみましょう。

「見る力」を育てるポイント
□ 明るさ、暗さのメリハリある生活を
日中は光を浴び、夜は暗くして眠る。
□ 広い空間で体と目を動かす機会を
全身運動は眼球、視神経・脳の発達を促す。
□ いろいろなものを見る体験を
止まっているもの動いているもの、小さなもの大きいもの、遠くにあるもの近くにあるものなど、いろいろなものを見る体験が、目によい刺激になる。
□ テレビやゲームは、時間を決めて
テレビは正面から見る。いつも横目で見ていると、視力に左右差が出ることも。
また、携帯ゲームなど狭い範囲の平面画像を見続けることは、目の負担になるので、乳幼児は避ける。

 

足に合った靴で元気にあそぼう!

すぐに成長するからと、つい、合わない靴をはかせていませんか? 靴が足に合っていないと、不自然な足の使いかた、歩きかたのまま足が育つことになります。成長著しいこの時期こそ、適切な靴選びが重要なのです。再度見直してみましょう。

つま先にゆとりがある
理想は5mm。すぐに成長することを考え、5~9mmのゆとりがあるものを。指が自由に動かせるように、つま先が広がって厚みがあることもだいじ。

調整ベルトがついている
足を固定し、足と靴を一体化させる。

柔らかく、クッション性のある靴底
足の動きにフィットする柔らかさと、地面からの衝撃を和らげるクッション性が必要。

 

「あぶら」のとりすぎ要注意

食欲おうせいは.とてもよいことですが、食事の「質」にも気を配りましょう。例えば脂質は、1gあたりのエネルギーが他の栄養素と比べて高く、吸収率も高いため、脂質の摂取率が高いと肥満になりやすいといわれています。脂質の多いファストフードやスナック菓子のとりすぎには、十分注意してください。

 


  • 0

ほけんだより 9月

9月のほけんだより

暑い夏をエネルギッシュに過ごした子どもたち。そろそろ夏の疲れが出るころです。
園ではこれから、運動会、遠足など行事が目白押し。
元気に活動に向かえるよう、今一度、子どもの健康生活を見直してみましょう。

 

9月1日は防災の日

非常用品は備えていますか? 
もしものとき、すぐに取り出せるよう、決まった場所に用意しておきましょう。
また、定期的に中身のチェックをし、水や食料品など、期限切れの物が入っていることのないようにしましょう。

 

生活リズムを見直そう

生活リズムの乱れは、健康に悪影響を及ぼします。この夏で、遅寝遅起きの習慣がついていませんか? 朝の生活の見直しから、リズムを取り戻しましょう。

まずは早起き
遅寝を早寝にするのは難しいもの。まずは、遅く寝ても早く起きる習慣をつけましょう。

光を浴びる
起きたら部屋のカーテンを開け、太陽の光を浴びましょう。それによって生体時計がリセットされ、体も脳も目覚めます。

朝食をとる
朝食で胃腸を働かせ、目覚めさせます。食欲がなければ、コップ一杯の牛乳だけでも。

 

救急用品を点検しましょう

9月9日は救急の日です。この機会に、ご家庭の救急用品をチェックしてみましょう。古い薬は処分し、新しいものを補充しましょう。

□ 体温計
□ ばんそうこう
□ 包帯
□ ガーゼ
□ 脱脂綿
□ 綿棒
□ ピンセット
□ 毛抜き
□ はさみ
□ 水まくら
□ 湿布薬
□ 化膿止め
□ 虫刺され用塗り薬

いざというときに慌てないよう、救急箱は、取り出しやすい所に保管しましょう。

 


  • 0

ほけんだより 7月

7月のほけんだより

日に日に日ざしが強くなり、心弾む夏がやってきました。 天気がよければ、外遊びが大好きな子どもたち。元気そうに見えても、体は意外と疲れています。おうちではゆったりと過ごせるようにご配慮ください。

 

プールOK? チェックリスト

子どもたちの大好きなプール。元気に楽しくあそべるよう、毎朝の体調チェックをお願いします。

□ 熱は何度ですか? 37.5℃以上が、プールに入れない目安ですが、平熱は子どもによって違うので、ふだんの平熱を考慮して判断します。
□ 食欲はありますか?
□ 前日、よく眠れましたか?
□ 目やにや充血はありませんか? 朝だけの目やには心配ないことが多いのですが、昼間も目やにや充血が見られるようなら、結膜炎のおそれもあります。
□ せき・鼻水は出ていませんか? 食欲がない、発熱などの全身症状がなければ、基本的には心配ありません。
□ 皮膚に異常はありませんか? 傷やただれがあって乾燥していない場合は、プールは避けたほうがいいでしょう。

毎日プールカードの記入を忘れずに。 少しでも心配な点がある場合は、 直接保育者にご相談ください。

 

気をつけよう! 夏にはやる病気

夏に気をつけたい感染症。代表的な3つについて、主な症状を挙げてみました。気になる症状が見られたら、すぐに病院へ!

ヘルパンギーナ
高熱とのどの痛み。特にのどは、水ほうや潰瘍ができるため、かなり痛む(乳児はミルクが飲めないほど)。

プール熱(咽頭結膜熱)
高熱とのどの痛みのほか、目の痛み・かゆみ・充血など、結膜炎のような症状がでる。

手足口病
手のひらや足の裏、口の中に小さな発しんや水ほうができ、熱が出ることも。

 

いよいよ夏休み!

21日から、 お待ちかねの夏休み。 規則正しい生活を心がけて、 休み明け、また元気な顔に 会えることを楽しみに しています!

 

帽子をかぶりましょう

1年のうちでも 5~9月は紫外線の多い時期。
外に出るときは、必ず帽子をかぶるようにしましょう。帽子は、つばが広く、通気性のよい素材のものがおすすめです。


  • 0

ほけんだより 6月

6月のほけんだより

梅雨の季節になりました。湿度・温度ともに高くなり、また天気が変わりやすいこの時期は、もっとも体調を崩しやすい時期でもあります。 過ごしやすい環境作りに配慮し、毎日のお子さまのようすの変化に気を配っていきましょう。

 

6月4日は むし歯予防デー

歯みがきの習慣づけが、むし歯予防の第一歩。園では昼食後、歯みがき指導を行っています。ご家庭でも、毎食後すぐに磨く習慣をつけ、必ず最後は大人が確認するようにしましょう。

正しく磨くための ポイント
●ブラシやグリップの形がシンプルで小さめの歯ブラシを使う。
●磨く面に直角にブラシを当てる。
●ブラシは、柔らかい力で、できるだけ細かく動かす。
●1本1本磨くつもりで磨く。

 

もしかして…むし歯?
むし歯があると、食事中、こんなようすが見られることがあります。

同じほうばかりで かんでいる
いつまでも飲み込まない
かまないで丸飲みする
※もし気になるようなら歯医者さんに相談してみましょう。

 

食中毒に要注意

温度と湿度が高くなるこれから、食中毒が多く発生する時期です。
熱湯消毒を心がけましょう。

 

6月16日(金)  内科健診を行います。

当日は、体操服登園、つぼみ組・りす組・ひよこ組は着脱しやすい服装でお願いします。なお、特に気になることがある場合は、事前に担任までお知せ下さい


  • 0

  • 0